「骨格ランニング」といえばこの方

~只今大人気の鈴木清和さんをゲストに~


自分の走りを理想のフォームに合わせるのではなく

自分の骨格に合ったフォームで走る

 

みなさん、 こんにちは。

スポーツマイスターズコア代表の鈴木清和です。

私は日頃、ランニング障害専門のランニングクリニックや、ランニングチームのコーチをしています。

ここでチャレンジされている方で、月間走行距離20kmほどでフルマラソン3時間9分で完走した方、足の力が抜けてしまうカックン症と呼ばれる原因不明の症状を克服し、サブスリー(2時間59分)を達成した方もいます。

他にも、足の疲労骨折を繰り返していた選手が再発することなく、日本選手権に出場するまでに急成長した事例や、運動経験ゼロの方がフルマラソンを完走達成したなど、レベルや症状を問わず、多くのランナーがそれぞれの目標を達成してきました。

 

ぜひみなさんにも、骨格で走る楽しさ、気持ちよさを知っていただき、この出会いが楽しい毎日を過ごしていただけるきっかけになりますように願っております。

大会前日のランニングクリニック、大会当日の併走で皆様とお会いできること大変楽しみにしております。

 

Challengers!! 

 

自己紹介

1972年、秋田県生まれ。スポーツマイスターズコア代表。ACAF認定アスレチックトレーナー。駒澤大学陸上競技部の選手時代、故障に悩まされた自身の経験から、スポーツ医学センターや治療院でスポーツ医学や運動生理学を研究。トレーナーとしての実績を積み、独自のランニング理論を確立する。運営するランニング生涯専門のクリニック「スポーツマイスターズコア」には、全国各地から多くのランナーが集まり、実業団選手から市民ランナーまでの指導を幅広く行う。